阿吽探訪 狛犬と仁王像2

アクセスカウンタ

zoom RSS Hakusan Shrine 白山神社 <横浜市緑区>

<<   作成日時 : 2014/09/27 03:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


文化財探訪で横浜市緑区白山の白山神社を訪れた。

「白山町廻り地蔵講」は、緑区白山地域で300年以上前から行われている。


文化財
・横浜市指定無形民俗文化財(無形民俗)
 鶴見川流域の廻り地蔵
 @白山町廻り地蔵講 緑区
 A池辺町薮根廻り地蔵講 都筑区
 B新羽町三谷戸廻り地蔵講 港北区


2014年9月26日
横浜市緑区都筑区港北区白山2丁目


関連

横浜市域文化財 14 無形民俗文化財
http://hamacul.at.webry.info/201406/article_17.html




画像


参道入口


画像


参道


画像




画像


吽形狛犬


画像


阿形狛犬


画像


拝殿


画像


扁額


画像


社殿(拝殿・本殿)









廻り地蔵講が市文化財に
谷戸に残る民俗行事

タウンニュース
掲載号:2013年11月21日号



 緑区白山地域で300年以上前から行われている「廻り地蔵講」が15日、市の無形民俗文化財に指定された。地蔵を家から家へと送り祀る民俗行事。かつては多くの地域で行われていたが、市が確認している範囲内では、現在区内に残る唯一の地蔵講となった。

 白山地域では300年以上前から石神、下講中、表、打越の4つの谷戸で一体の地蔵を送りあう「廻り地蔵」が行われてきた。

 年代によって、地蔵の送り方は様々に行われてきたが、戦後は各世帯を順番に廻る現在の方法に落ち着いた。地蔵は2年に1回を目途に各家庭を廻り、祀られてきたという。

 「廻り地蔵講」では、木の箱に納められた地蔵を背中に背負い、家から家へと送る。自分の家に地蔵がくると、1週間から10日を目安に祀り、朝晩の供え物を欠かさないという。戦後新調されたものだという木の箱には、願い事などを記した袈裟が結ばれる。

 地蔵は、北関東の行商がこの地に運んだものがそのまま引き継がれたという説が有力だというが、この地域の廻り地蔵の発祥については諸説ある。

 親子三代で世話人として「廻り地蔵」を管理する白山神社総代の磯貝真一さん(83)は「お地蔵様は先祖代々受け継がれた宝物のような存在。古くから我々を守ってくれたお地蔵様だから大切にしたい」と、「廻り地蔵」の無形民俗文化財指定を喜んだ。

 市はほかに、池辺町薮根(都筑区)、新羽町三谷戸(港北区)に残る「廻り地蔵」を『鶴見川流域の廻り地蔵』とし、泉区下飯田の「廻り地蔵」とともに無形民俗文化財に指定した。






Copyright(C) まさじ (Masaji) 2014-2017

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Mawari Jizo 文化財探訪 鶴見川流域の廻り地蔵
文化財探訪で、鶴見川流域の廻り地蔵が続けられる白山町、池辺町、新羽町を訪れた。 ...続きを見る
blog横濱ぶらり探訪2
2014/09/27 03:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Hakusan Shrine 白山神社 <横浜市緑区> 阿吽探訪 狛犬と仁王像2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる