Kannonji Temple 観音寺 <横浜市都筑区>


文化財探訪で横浜市都筑区の観音寺を訪れた。

池部町薮根廻り地蔵講で、廻り地蔵が、最後は観音寺に届けられ、またはじめの家に送られる。


文化財
・横浜市指定無形民俗文化財(無形民俗)
 鶴見川流域の廻り地蔵
 ①白山町廻り地蔵講 緑区
 ②池辺町薮根廻り地蔵講 都筑区
 ③新羽町三谷戸廻り地蔵講 港北区


2014年9月26日
横浜市都筑区池辺町2565


関連

横浜市域文化財 14 無形民俗文化財
http://hamacul.at.webry.info/201406/article_17.html




画像


薮根バス停を下車


画像


参道入口


画像


参道


画像




画像


境内


画像


本堂


画像


本堂


画像


木鼻


画像


木鼻


画像


観音堂









池辺町の廻り地蔵
市の無形民俗文化財へ
子の健康を願い各家に

タウンニュース 掲載号:2013年11月28日号

 池辺町の集落の一つである薮根に現在も残る「廻り地蔵」が11月15日、市の教育委員会から無形民俗文化財に指定された。

 廻り地蔵とは、一体の地蔵を講中と呼ばれる村落組織内で順に送り、その家ごとに一定期間まつる民俗行事。地蔵が納められた約30kgの厨子には2本の縄が取り付けられており、背負って次の家まで送り届けられる。江戸時代ごろの疫病がきっかけで始められたとされるが、起源は諸説ある。主に安産や子育てのご利益があり、「子育て地蔵」と呼ぶことも。以前は鶴見川流域の多くの地区で行われてきたが、講中の減少などにより廃止になった地域も多い。市教育委員会は横浜の歴史、文化または自然を理解する上で重要なものと位置づけ、緑区白山町、港北区新羽町、泉区下飯田町の廻り地蔵とともに文化財に指定した。

 廻り地蔵のまつり方は地域により様々。薮根地域は家ごとに滞在する期間が正式に定まっておらず、3日から1週間ほど。毎朝茶と飯を供えるほか、折鶴や人形などを厨子内の格子に吊り下げ、背負って次の家まで送る。最後は観音寺(池辺町2565)に届けられ、またはじめの家に送られる。この繰り返しが何年も続いているという。講中の一人である岸とし子さん(71)は「我が家では当たり前のように行われていた文化。子どもが大きくなった今でも大切にまつっています」と話した。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック