晩秋の横浜狛犬と古建築の旅 三渓園天満宮


晩秋の横浜狛犬と古建築の旅

三渓園天満宮



明治42年(1909年)に大阪観心寺から移築し、昭和20年(1945年)の空襲で傷跡を残した狛犬が72年間鎮座。

全員で慰霊。皆さんのマジックパワーで吽形狛犬を元気づける。

浪速狛犬、材質は和泉砂岩。

阿形狛犬と吽形狛犬の彫りが微妙に異なることを発見。


2017年11月25日(土)
横浜市中区本牧三之谷58-1


関連

晩秋の横浜狛犬と古建築の旅
http://aunkomainu2.at.webry.info/201711/article_15.html

戦争の傷跡を残した三溪園天満宮の狛犬
http://aunkomainu2.at.webry.info/201711/article_1.html









画像
三渓園正門で記念撮影


画像
狛犬カレンダー


画像
待春軒で遅い昼食


画像
原三渓考案の三渓蕎麦を食す


画像
三渓園天満宮で狛犬探索。浪速狛犬、材質は和泉砂岩


画像
阿形狛犬と吽形狛犬の彫りが微妙に異なることを発見


画像
吽行狛犬を慰霊


画像



画像



画像
皆さんのマジックパワーで吽形狛犬を元気づける


画像
園内を散策


画像
特別公開の聴秋閣遊歩道で紅葉狩り


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック